スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AppleWatchの各部の名称と機能

AppleWatchには2つのボタンとタッチパネルがあります。
今回は、操作方法の前に各部の名称と簡単な機能紹介をしていきたいと思います。


・タッチパネル液晶
watchname1.png

Apple Watchには38mmまたは42mmのタッチパネル液晶が搭載されています。
基本的な操作はiPhoneやiPadの要領で行うことができます。


・ホームボタン/デジタルクラウン
watchname2.png

このボタンには「押す」および「まわす」の2つの操作が存在し、機能が異なります。

・ホームボタン
「押す」操作はiPhoneやiPadのホームボタンに相当し、主にアプリを閉じてホーム画面に戻る際に使用します。

・デジタルクラウン
「まわす」操作を行うと、画面のスクロールや拡大を行うことができます。
iPhoneやiPadでは画面が大きかったために指で行っていた動作が、
AppleWatchではボタンをまわすという動作に置き換えられています。


・サイドボタン
watchname3.png

iPhoneやiPadのスリープボタンに相当するボタンです。
ボタンを押すと、友達が表示され、電話やメールを行うことができます。
長押しすると、AppleWatchの電源のオン/オフを行うことができます。


・裏面
裏面には、心拍数計、バンドを取り外すためのボタン、スピーカー、マイクが存在します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

applewatch29

Author:applewatch29
話題のAppleWatchの使い方・活用術を紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。