スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AppleWatch対応ケースのまとめと注意点

iPhoneやiPadでは本体を保護するためにケースや液晶フィルムを着けるのが当たり前となっていますが、
AppleWatchでもiPhone用ケースでおなじみのSpigen社より対応ケースが発売されています。

今回はAppleWatchに対応したケースをまとめるとともに、購入する際の注意点も紹介します。


・Spigen リキッドクリスタル



透明でかつ薄いため、AppleWatch本来のデザインを損ねることなく傷や汚れを防ぐことができます。
自己主張が少ないため、デザイン的に見てもどのタイプのAppleWatchにも合うと思います。




・Spigen ラギッド・アーマー



G-SHOCKのようにいかついため、液晶面も含めてAppleWatchを完全保護することができます。
デザイン的にスポーツタイプのAppleWatchにフィットしそうです。
屋外作業が多い人などにはおすすめです。




・Spigen シン・フィット



AppleWatchの側面を保護するタイプのケースです。
裏面にケースがないため、着け心地が悪くなったり、蒸れたりする心配がないメリットがあります。




・注意点
注意点としては、液晶の画面サイズをよく確認することだと思います。
AppleWatchには38mmと42mmの2種類の液晶サイズが存在し、
対応ケースも38mm用と42mm用の2種類売られています。

そのため、自分のAppleWatchの液晶サイズに合ったケースを購入してください。


現在はSpigen社の製品が多く出回っていますが、AppleWatchが普及すれば、
iPhoneのように大量に対応ケースが発売されると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

applewatch29

Author:applewatch29
話題のAppleWatchの使い方・活用術を紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。